フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

  • adsense

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

櫃まぶしとマジック

昨日はなか。ちゃん邸にて櫃まぶしの会でした。


なか。ちゃんは 、マジシャンで、以前のフロントメン会に遊びに来て、華麗なるマジックをいくつも披露してくれました。


みな、大喜びでした。


そのときに、じつは料理も上手だという話題になり、それならば次回はなか。ちゃん邸にて自慢の腕を振舞ってもらおうということになった次第で。




なか。ちゃん邸には、なぜかマジシャンが大集合。


マジックつながりの人脈みたいです。


ということで、絶品の櫃まぶしをいただいたあと、みなさんにマジックを披露してもらいました。


カード、コイン、そしてギロチン。


さすがですね。


みんな、華麗なテクニックです。




気付くと、夜も更けてましたとさ。

2007年5月30日 (水)

炙りトロ~

今日はいよいよ藤原紀香さんの披露宴ですね。

朝からの雨も止んできたみたいです。

陣内さんも朝からのテレビ出演、大変ですね。

たぶん、MJKが予想しているよりも、はるかに盛り上がるんでしょうね。

日本テレビで、披露宴の様子を中継するとか。

たしかに、興味あるし、見てみたいです。

夜は外出するので、見られませんが・・・

録画するほどのことはないし(笑)



ということで、昨日は、梅が丘の美登利寿司 に行ってきました。


旨くて安いと評判の美登利寿司ですが、じつは初体験でした。


いつか行きたいと思いながら、いつも混んでいるみたいだし、安いとはいえ、基本的には寿司屋なわけだから、フラッと行くって感じでもないし。

たまたま昨日の打合せは時間がやや早めだったので、思い切って美登利寿司に行くことに。


早い時間とはいえ、やはり混んでいました。

店前に並ぶほど。

5分くらいで入れたのでラッキーでしたが。



さすが、旨いですね。


板前さんたちも親切だし。


サーモンも大きい!


炙りトロも絶品でした。



また、行ってみたいお寿司屋さんです。


midori01

2007年5月29日 (火)

永遠かもしれない

シベリア少女鉄道Vol.17『永遠かもしれない』を見に行きました。


これまでの公演はだいたい見ています。


所謂、お気に入りの劇団ということでしょう。



かれらの舞台は、いつも奇想天外。


というか、ふつうの展開ではお客も納得しないし、たぶんかれらも満足しない。


ふつうの展開を望まないお客の想像をはるかに超える展開。



ときどきテレビドラマや映画のシーンをパクって演じたりするけど、結局はあらぬ方向へ展開していく。


お客は唖然。


そんな舞台です。



『永遠かもしれない』


最初はたしかに、過去に縛られた、よくいる青年のよくある奮闘記(?)でした。


でも、最後には、時空を超えていました(笑)


ついていくのが精一杯です。



しかも、いままでの公演では、前半は果てしない前フリで、後半の爆裂が際立っていましたが、今回は、かなり早い段階で爆裂します。


それも、自然に。


それが、果てしなく続く・・・


まさに、


『永遠かもしれない』




さすが、シベリア少女鉄道。


いよいよ、演出の土屋氏の本領が発揮してきたという感じでしょうか?



これまでの公演でも、かなり発揮していましたが・・・


shibe03


shibe02

2007年5月28日 (月)

春の運動会

週末、友人の娘さんの運動会を見に行きました。


なぜか、毎年連れて行かれます。

将来、子供が出来たときの予行練習だからって言われて。



おととしは、友人のかわりに大玉ころがしに参加されました。

まわりの子供たちから、誰のパパ~?と聞かれ、苦笑い。


そして、大玉ころがしは思いのほかへヴィーでした。



今回は、友人が二人三脚にトライしたようです。

知らない間に終わっていました。

結果は?

本人は優勝したよ~と言いますが、定かではありません。


昼食は体育館で持参のお弁当。

友人の奥さんの手作りです。


午後のメニューも盛り沢山。

パパたちも奮闘していました。



運動会って、家族にとっては一大イベントなんでしょうね。

朝一から校庭で場所取りして、お弁当作って、運動会の間、ずっとビデオまわして・・・


MJKの記憶のなかには、家族で運動会に挑んだ思い出が薄いんですが、きっと普通に家族で参加してたのかもしれませんね。

今度、実家に帰ったときに昔のアルバムを見てみます。


undou01

undou02

2007年5月24日 (木)

JJ?

代官山をクルーズしていたら、明らかにロケと思われる現場に遭遇しました。


おしゃれなオープンカフェにたむろする美女集団と撮影スタッフ。



土岐田麗子さん、桜井裕美さんなどの顔ぶれから推察するに、たぶんJJでしょうね。


朝早くからの撮影のせでしょうか?

モデルのみなさんはお疲れの様子でした(笑)


jj01

2007年5月22日 (火)

ビリーズブートキャンプ

最近、テレビやラジオでよく耳にしますね。

クリス・ペプラーさんや品川庄司の庄司さんとかが大絶賛してます。


今日の「笑っていいとも!」でも連呼してました。


そんなに効くんでしょうか?

7日間集中ダイエット。

毎日55分間。

それで、5kgも痩せて、しかも体脂肪率も低下するとか。


身近で誰かやっていないですか?


効果のほどを教えてほしいです。




とりあえず、今のところは、恵比寿~広尾~西麻布コースのジョギングに励みます。

2007年5月16日 (水)

華麗なる一族

来月に取り掛かる予定の時代劇舞台の音楽の参考資料を探しに渋谷のTSUTAYAへ。


サウンドトラックのコーナーを見ていたら、たまたま見つけました。



「華麗なる一族」。



もちろん、キムタク主演のほうです。


あぁ、音楽は天地茂さん版と同じなんですかね?



あのオープニングの壮大なストリングスが忘れられなくて、ついつい借りてみました。



それにしても、あんなキャッチーなフレーズを作曲し、そしてフィルハーモニア管弦楽団での見事な演奏、服部隆之さんたら素敵過ぎます。


自分にもそんな曲が書けたら、と思います。



がんばらないと。


karei01

2007年5月15日 (火)

つぶ貝

世界でいちばん好きな食べ物はサーモンです。

とくに、お寿司とスモークサーモン。

味と食感がたまりませんね。



ということで、打合せがてら、恵比寿のびっくり寿司に行ってきました。

芸能人とか著名人もよく見かける、わりと気さくな寿司屋です。

カウンターの向かいには、今回もいました。

超有名なトレーナー。

というか、お寿司はやや久しぶり。



びっくりでのスタイルは、つまみはほとんど頼まず、ひたすら握ってもらう。

カウンターにて。

焼酎ボトルとともに、ちびりちびりと。



つぎは何を握ってもらおうかなぁと考えていると、かならず板さんが話しかけてきます。

「今日は○○○が入ってますよ!」

「△△△もオススメですよ!」


・・・・。


聞いてもよくわからないので、いつもスルーしてます(笑)



それにしても、サーモン寿司が旨いこと。

ホントは、2回に一回は握ってほしいところだけど、それじゃ子供みたいに思われるから、大人ぶってるMJKは何とか5回に一回にとどめてます。



それよりも、つぶ貝。



ツルツルしていて、コリコリとしていて、その上ものすごく旨い。

しかも握りのなかでは最安値。

かじき、ゲソと並ぶ安さ。

それなのに、抜群に旨い。


貝の王様ですね(逆の意味で)。



あとから、一人遅れて合流したときには、テーブル席に移動したにもかかわらず、すでに焼酎も底をついてました・・・。



bikuri01

2007年5月14日 (月)

ワイン三昧

元ワインのディーラー谷くん秘蔵のワインを楽しむ会が今年も早稲田のコーヘー邸にて開催されました。


参加したのはサッカー仲間を中心とした面々約15人。


まずはシャンパンで乾杯したあと、気楽な雰囲気のなか、どんどんワインが空いていく。


庭ではコーヘーによるバーベキュー。



楽しかったな。


そして、やっぱり飲みすぎてしまったみたいです。

2007年5月11日 (金)

強風です

天気はいいけど、やたら滅多ら風が強い。


そんな、春らしい陽気になってきましたね。


そろそろTシャツだけでも過ごせそうな感じですが、ヨットはやっぱり危ない。


かなり注意していても、突風は避けられない。


突風をまともに受けたら転覆してしまう危険もちらほら。


だから、この時期がいちばんヨットが流行らないんです。




明日も天気良さそうだから、たまにはマリーナに行ってみたい気もするけど、きっと誰もいないんだろうなぁ。


それでは淋しいし。




とりあえず、当面は雨も降らない様子なので、車は洗っておきました。



tomc01

2007年5月10日 (木)

韓国風冷奴

最近、いささか飲みすぎ注意報です。


早い時間から飲み始めてしまうときが危ない。


早くに切り上げようと思いつつ、ダラダラ飲んでしまっている。


さすがに12時間ノンストップはキツかったです。



そんなわけで、昨日はいつもの亜細亜 で、はじめての冷奴。


韓国風というネーミングに惹かれました。


赤い、いかにも韓国的なソースがかかってました。


木綿豆腐のような、そうでないような食感の豆腐。


抜群ではないけれど、そこそこ旨かったです。




それはそうと、こんなに韓国料理が好きなのに、まだ韓国に行ったことがないです。


テレビのニュースでは、ときどき見たりしますが、いったいどんなところでしょうか?


国のカラーが赤いくらいだから、食べ物すべてが辛いんでしょうか?


そうだったらいいのに。



小学生並みの質問ですね。



ajia04

ajia05

2007年5月 7日 (月)

網代・味里

宇佐美からの帰りには必ず立ち寄る店です。


正確には、網代と宇佐美の中間地点、海岸線沿いのセブイレブン手前。



鯵のたたきが絶品です。


最近、おまけにさば味噌が付いてきます。


これも、もちろん旨いです。



そうそう、蟹味噌汁も。



ちなみに、普段はあまり頼まない天ぷらも、旨そうでした。


usami03

usami04

伊豆の研修旅行

今年は、それほど予定を入れていたわけではなかったGWですが、気付けばあれこれ用事が詰まっていました。


もともと、遊びに関してはそんなに計画性があるほうではないので(笑)


けっこう、やや、意外に行き当たりばったり。


まぁ、遊びですから。


いま流行りの、「ハプニング」重視ということで?




というわけで、GW後半は、毎年恒例の宇佐美研修旅行に行ってきました。


先輩の音楽事務所所有の、宇佐美の山の中腹に建つ温泉別荘にて。



3日の昼に出発して、途中、小田原厚木道路とか、石橋とかで少しだけ渋滞に遭ったものの、裏道駆使して3時間半くらいで到着しました。


GWなのに、東名高速下りはなぜかガラガラでした。



4日はいろいろあって・・・


伊東駅そばの石挽庵の饅頭が旨かったです。



そして5日の夕方、手分けして掃除をしてから別荘を出発。


途中、網代の「味里」で鯵のたたきを食べて、帰ってきました。


さしたる渋滞もなく。



伊豆も、案外静かなものでしたよ。


例年だと、観光地はどこにいっても人が多いのに。


なぜでしょう?


ガソリン代が値上げしたから?



usami01

usami02

2007年5月 2日 (水)

眉山

松嶋菜々子主演。


徳島・阿波踊りが舞台の母子の感動ストーリーです。


何度も徳島まで阿波踊りをしに行ったMJKとしては、ぜひとも見たいところ。


一足先に見てきました。



松嶋菜々子さん、すばらしい。


阿波踊りも、すばらしい。



かなりの比重で、阿波踊りを紹介してます。


もしかしたら、阿波踊りを経験したことない人にとっては、良さがよくわからないかも(笑)



犬童監督も思い切りましたね。


全編通して、けっこう、斬新な試みが多かったような気がします。


賛否両論だと思いますが(笑)



とはいえ、涙なしでは見れない映画です。


というか、泣くでしょう?

渋谷・かつ吉

渋谷でいちばん好きなとんかつの店です。


いつ行っても大繁盛。


早めの時間に行かないと、なかなか入れません。


若槻千夏さんや岩佐真悠子さんの事務所の社長さんもお好きだそうで、なんどか会いました。


前菜でおしんこが何種類か出てきたり、山盛りサラダがあったり、ご飯と赤だしがフリーだったりしますが、やはり、美味はとんかつ。


ホント、旨いです。



katukichi01

katukichi02

2007年5月 1日 (火)

これは旨い

大崎のナカジー宅で食べた、キムチ海苔。


韓国土産らしいです。


あまりに旨くて、うっかりひとりで食べてしまうところだった。



辛いものには、ホント目がないんで、よろしくおねがいします。



nori01

さようなら。

まさかの訃報でした。


アミューズ時代の先輩、中村新一さんが、上顎洞癌のために49歳の生涯を終えられました。


3年前に発病したものの、一度は治癒し、しかし10ヶ月前に再発、それから闘病生活を送っていらしたと聞きました。


あの、人一倍元気だった新一さんが、病魔に倒れるなんて、予想だにしてなかったものだから、かなりの衝撃でした。



アミューズを離れて、もうずいぶん時が経ちますが、新一さんのことは、ときどき思い出していました。


わりと一見無愛想なほうで、はじめはちょっと近寄り難い人でしたが、親しくなるにつれ、その快活で豪快な人柄に圧倒されました。


仕事ではよく怒られましたが、酒の席ではいつもスペシャルに楽しくて、その場にいたみんなが幸せな気分になりました。


何をするにも、一所懸命な人でした。


ずっと、いつか、新一さんに負けない人になりたいと思っていました。



増上寺での告別式の間、ずっとそんな思い出に浸っていました。


ご友人代表の同級生の方、ソニーミュージックのジャンボ佐藤さん、葬儀委員長の畠中さん、そして喪主の奥様による弔辞およびご挨拶。


アミューズ所属のアーティストやタレントの方も多数列席されていました。


顔見知りも多い参列者のなかにも、すすり泣く方も多かったです。




BEGINの「涙そうそう」が流れるなか、棺をお見送りしました。


みんな、心の中で、ありがとうとさようならを唱えていたと思います。


MJKも、何度も唱えました。



ありがとうございました。


さようなら。



ご冥福をお祈りいたします。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »