フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

  • adsense

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

ちょっと変わった火鍋

青山のとある店で火鍋を食べてみた。
不思議な鍋がやってくる。
普通、火鍋って白と赤では?
今回のは、マーラーと坦々とコラーゲンの3種。
コラーゲンは期待倒れ。
坦々がいちばん旨かった。

hinabe

伊参スタジオにて最終日

あいにくの雨。
せっかく前日入りして撮影に臨んだのに。
「真夏の蜃気楼に揺れる小学校」が撮れなかった。
なにしろ、ドラマの冒頭部分という大事なカットだから、また別日に撮らなくちゃ。
教室や図書館のシーンは無事に撮影できた。
そして、高崎の今は使われていない映画館に移動し、撮影、そしてクランクアップを迎える。
早いもので。
ついこの間クランクインしたような気がする。

isama

2008年6月24日 (火)

第一制作部

梅雨の前にクランクインした撮影も、いつの間にか2週間過ぎ、気付けばクランクアップが見えてきた。
今回は、穏やかな撮影の日々。
ロケセットは、準備期間にすべて決めてしまっていたから、撮影中は、ほぼ撮影に集中。
すると、瞬く間に日々が過ぎていく。
毎日、イケメンな俳優たちに囲まれ、大人な空気の中、終始穏やかに進んでいく・・・。
一度だけ、アクシデントがあったものの、スタッフもみなベテラン、早急に軌道修正して、また穏やかな日々に戻る。
そんなわけで、昨日は川崎の有名な探偵スタジオで、とあるテレビ局の昔の制作部を再現。
装飾部が4tトラックに満載してきた飾りにより、完璧なセットが出来上がった。
そのなかで、当時の10年くらいの歳月を描く。
淡々と、和やかに。
さすがに、けっこう遅くまでかかったけど。
・・・しかし、あと5日で撮影が終わってしまうんだなぁ。
もちろん毎日が重要で気の抜けないシーンではあるけど、不思議と気が重くない。
むしろ、さびしい気持ち?
たぶん素敵なスタッフ、キャストに恵まれたからだろうな。

2008年6月 8日 (日)

40年前の美女を再現

あさってからのクランクインに向けて、まずは、にっかつの13番ステージのセットの前で祈祷。
かっこいい出演者たちもたくさん参加して、けっこう盛り上がった。
よく見たら、イケメン揃いかも。
偶然なのか、監督の野望か。
ともかく祈祷も滞りなく進行し、最後にお神酒をいただこうとしたら、器がないことに気が付いた。
神主さんも、さすがに50枚の器は持っていなかった。
あわててスタッフルームで調達、なんとか事なきを得たけど、まぁ、そんなこともあるさ。
それから、13番教室でオールスタッフ。
いわゆる、自己紹介と、台本を読みながらのチーフによる段取り説明。
あっという間に終わってしまった。
今日はこれで終わるかと思ったら、じつは、まだ演出部の衣装合わせが残っていた。
しかも、別場所での劇用写真撮影もあり。
衣装とメイクで40年前を再現しなきゃならないためか、これが意外に時間がかかり、結局終わったのは夜。
うーむ、長い一日だったような、そうでないような。

2008年6月 6日 (金)

衣装合わせ・・・

一日の経つのが速すぎる。
うっかりしていると、いつの間にか夜。
そして、寝る時間。
やりたいことは、たくさんあるのに。
なるべく、お酒も飲まないようにしている、つもりなのに。。。

今日は、朝に池袋の公会堂で打合せ。
昼からは日活撮影所で打合せ。
その合間に資料を作成したりしなかったり。
となりの角川大映スタジオでは、演出部による衣装合わせが盛大に行われている。
かなりビックな出演者もゾロゾロ、とか。
なぜ日活でやらない?
われわれが会えるのは撮影当日、らしい。
まぁ、いいけど。
結局は、衣装合わせが終わるのを見届けて、撮影所を去る。
明日はついにオールスタッフ。

2008年6月 4日 (水)

肉と魚

ということで、さっそく牛肉と鮭を食べた。
三軒茶屋駅近くの、オレンジ系の店。
しかし、鮭はともかく、牛肉の盛り付けのさびしいこと。
だったら、向かいのトンカツ屋でロースカツ定食を食べればよかったかなと思いつつ。
しかし、いや今日は魚を食べることに意味があるのだと自分に言い聞かせる。
食べているうちに、また熱っぽくなってきたよ。
帰って寝よう。

熱がでた

40度くらい、な気分。
なにしろカラダがダルくて、節々が痛む。
でも、食欲はあったりする。
お酒も美味しいし。
いったい、どんな風邪なんだろう?
最近、野菜とかサカナとか、全然食べてなかったから、それに対する警告かもしれないな?

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »