フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

  • adsense

« 話題の、目の手術をしてみた。 | トップページ | メンテも無事終了。 »

2008年11月26日 (水)

東映撮影所でカメアシくん

昨日の夜、カメラマンの友人から連絡があり、たったいま自宅でぎっくり腰になったため、明日の撮影を手伝って欲しいと頼まれた。ほかならぬ彼のためということもあって、急遽今日の予定を変更、彼の撮影を手伝うことに。以前にも、クリスタル・ケイさんの撮影や、伊豆のロケを手伝ったこともあったし。
今回は、東映撮影所で某戦隊系の雑誌のスチール撮り。いつもとは違うスタンスで入る撮影所もまた新鮮だな。しかもアシスタントとしてだし。
思い返せば、昔はフラッシュの記者として、こういう撮影を仕切っていたんだっけ。タレントをブッキングして、カメラマンやメイク、スタイリストを発注、現場では撮影の意向を説明し、またそういう方向になるようにカメラマンとともに撮影をコントロールする・・・そういえば、スタイリストとして群馬や御殿場のDVDのロケに参加したこともあったな・・・立場が違うと、見方もスタンスも変わって、それはそれで面白い。それぞれ、責任の質が違うし。
カメラ・アシスタントという、いわばカメラマン至上主義の仕事というのも、極めるのはやはり大変。基本的には撮影するためのすべてのセッティングを一人でこなし、その都度違う被写体や状況の変化を読み取り、カメラマンが撮影しやすいように先回りして配慮する。大御所の先生だと、現場に行ったら、あとはカメラのシャッターを押すだけだっていうし(笑)
専門的に勉強したわけはないMJKがそこまで出来るわけはないけれど、手伝うからには、一歩でもそこに近づく努力はするべきだと思うし、まぁ、勉強にもなるし、重いわ気を遣うわだったけど、なかなかいい体験だったと思うよ。

« 話題の、目の手術をしてみた。 | トップページ | メンテも無事終了。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事