フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

  • adsense

« 症例A | トップページ | 大川くんの仕事納め »

2008年12月26日 (金)

容疑者Xの献身 東野圭吾

映画を見たいと思っていたのに、うっかり原作を読んでしまった。
ドラマの「ガリレオ」も面白かったし、映画では堤真一氏の演技も評判らしいので、いつか見るつもりだった。なんとなくタイミングを逃していたら、先日、友人が原作を貸してくれるという。原作を読んでから映画を見るのもいいかなと、気楽に借りて、なんとなく読んでみた。ちょうど、バスで1時間ほどかかる所に行く用事があったので、時間つぶしにはちょうどいいなと思った。甘かった。こんなに面白いとは思わなかった。結果的には、2日間で読み終えてしまった。とにかく、先が読みたくて読みたくて。400ページもあったのに。そして思ってしまった。この世界観は映像作品で見たらもったいないなと。自分のなかで、完璧に好みの映像が出来て上がってしまった。湯川学も、もはや福山雅治ではない。

サンチャのフロントメンはMJK。-higahino

« 症例A | トップページ | 大川くんの仕事納め »

映画・テレビ」カテゴリの記事