フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

  • adsense

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月29日 (木)

ゆかりの場所

 「堂本剛の正直しんどい」に漫画家の浦沢直樹先生が出ていて、彼のゆかりの場所を訪ねる企画をやっていた。「ウチくる?」みたいな、よくある企画だけど。それを見ながら、はて?自分のゆかりの場所って何処だろうって考えてみた。
 まずは、松本駅前の翁堂という喫茶店かな。高校時代、よくそこでナポリタンを食べた。高校生にも満足できるボリュームで、かつケチャップ三昧な感じが好きだった。昔からザ・ナポリタンが好きだったんだなぁ。もちろんデートにも利用した。相手も満足していたかは不明だけど。
 次は、飯田橋の白百合という喫茶店だろう。大学生時代、サークルの帰りに毎週通っていた気がする。当時はカフェなんて洒落た店はなかったから、みんな普通に純喫茶に行っていた。当時、友達には中野のクラシック喫茶なんて店を教えてもらったりしたっけ。たしかに、いい店だった。白百合は、今で言うとルノアールみたいな喫茶店だったかもしれない。広いから、大人数で行くには適していたんだろうな。
 あとは、神宮前のたぬきという居酒屋さん。SMAに勤めていたころに、3日に一回は通っていた。おじいさんとおばあさんが切り盛りしている古い店で、人手が足りないから、自分たちで勝手にビールを出して飲んでいた。鶏のから揚げが美味しかったな。たまに昼時にも行ったりして、そのときは秋刀魚定食とか食べたり。また行きたいな。というか、いますぐに思い出す自分的なゆかりの場所って、そんな感じです。今度、ちゃんと思い出してみよう。

2009年1月28日 (水)

もうすぐ1月が終わりそう

 とはいえ、1月はいろんなことをしたような気もする。まず正月があって、飲みすぎで風邪引いて、でも無理やり熊本に行って、帰ってきたと思ったら今度はバリ島行って、それから江ノ島や相模湖にも行って、ついでに所沢とかウロウロしたり、その合間にいくつかの飲み会があったり。まぁ、濃いのかユルいのかわからないけれど、けっこう楽しかったな。
 もちろん仕事もしてる。相変わらず、ロケハンやら打ち合わせやら。今日も都内をロケハンして、それから渋谷と三軒茶屋で打ち合わせしたあと、事務所でデスクワーク。ただ作曲や執筆作業は、じっさい最近少し停滞してたりするから、2月は気合を入れて取り組もうと思ったりしてみる。
 それにしても、渋谷のターミナルは迷路のようだな。20年近く利用しているのにもかかわらず(週に1~2回だけど)、いまだに効率的な乗り換えやちょうどいい出口をうまく探せない。思うに、案内表示が親切ではないのではないか?先日も田園都市線から東横線に乗り換えるのに、JR渋谷駅をほぼ一周してしまった。三軒茶屋から中目黒まで15分で行かなきゃならなかったのに。。。

2009年1月24日 (土)

廃ホテル

 相模湖にロケハンに行ったら、途中で廃ホテルを見つけた。けっこう以前に廃業したらしく、ホテルの前には粗大ゴミがたくさん捨てられていた。ちょっと前のアイドルの写真集やCDなどもちらほら。残念ながら、今は中には入れない様子。

サンチャのフロントメンはMJK。-hotel01

サンチャのフロントメンはMJK。-hotel02

ピザ

 三軒茶屋のキャロットタワー裏のイタ飯屋で、ピザを食べた。なんという名前のピザかは、食べるときにはすでに忘れていた。イタリア語は難しすぎるから。イタリアのビールも飲んでみた。何人かいるスタッフは、イケメンではないかもしれないけど、気持ちのいい男子たちだった。
 しかし、三軒茶屋に引っ越してきてもうすぐ1年経つけど、洒落た店で食べるのははじめてかもしれない。これからは、もう少し開拓してみようと思ったり思わなかったり。

サンチャのフロントメンはMJK。-itameshi01

サンチャのフロントメンはMJK。-itameshi02

2009年1月20日 (火)

ジンバランの食堂

 ホテルで極上のスパを堪能したあと、午後の予定まで少し時間があったので、ホテルの近所をぶらりと散歩してみた。通りには地元の店が立ち並ぶ。時折、「ハロー」と声を掛けられるけど、とくに用事はなさそうだ。これがクタだったら、ひっきりなしに物を売られるところだけど。
 ちょっとお腹も空いたので、食堂を探したら、ちょうどいい感じの店を発見。ためしに入ってみた。まずはビンタンビールを頼んで、それからミーゴレンとかアヤゴレンとか。あと店員が薦めるチキン料理も。軽く食べるつもりが、意外にボリュームがあって、全部は食べられなかった。

サンチャのフロントメンはMJK。-jinbaran01

サンチャのフロントメンはMJK。-jinbaran02

サンチャのフロントメンはMJK。-jinbaran03

サンセットとシーフード

 バリに来たからには、サンセットを見ながらシーフードを食べるのがお約束らしい。本当はホテルから近いジンバラン・カフェ(ビーチにたくさんある屋台たち)で食べようと思ったのだけど、チャトラが言うには、ジンバランカフェとは逆の方向に行ったシーフードの店が美味しくて高いらしい。せっかくなので、美味しいほうへ行くことにした。ホテルまでの送迎付き。
 ちょうどサンセットの時間を見計らって予約したから、キレイな夕陽が見られた。バリの海はそんなにキレイじゃないけど、サンセットはキレイ。ロブスターも美味しかったし、シーフードスープも美味しかった。

サンチャのフロントメンはMJK。-seafood01

サンチャのフロントメンはMJK。-seafood02

ビンタンビール

 すでに往路の機内から飲んでいるけど、インドネシアの地ビールはビンタンらしい。アサヒもあるけど、やっぱりビンタンで。バリのハイパーマーケットでは小瓶が70円、大瓶が140円だった。

サンチャのフロントメンはMJK。-bintan

ナイトマーケット

 ウブド付近でケチャダンスを見た後、友人のチャトラに案内してもらって、クタに近いナイトマーケットという地元的な屋台群へ行ってみた。基本的には、バリ人が利用する食堂だけど、その中のLIAという店がお薦めらしい。ビンタンビールと一緒に、ナシゴレンとかミーゴレンとかを食べる。たしかに美味しかった。バリに着いてから何度か食べるけど、よその店とは明らかに美味しさが違う。というか日本人好みの味付けなのかもしれない。しかも、すべてが70円~80円。ちなみにビールが突出して200円だったけど、それでも4人で食べて飲んで900円くらいだった。

サンチャのフロントメンはMJK。-lia01

サンチャのフロントメンはMJK。-lia02

サンチャのフロントメンはMJK。-lia03

サンチャのフロントメンはMJK。-lia04

ケチャダンス

 さっきウブドに程近い、王宮遺跡を見た帰りに、念願だったケチャダンスをパダントゥガル・ガジョー集会所で見た。バリには伝統的な楽器がいくつかあるけれど、ケチャダンスでは楽器は一切使わない。すべて掛け声だけでリズムを奏でる。総勢100名でのダンス、という触れ込みだったが、ここではそんなにいなかった。陽が暮れ初めるころから始まり、そのうちにあたりは真っ暗、わずかなライティングだけで、あとは燭台にともした火を中心に繰り広げられる、幻想的なダンスだった。約1時間くらいのショー。セリフはとくにない。終始、ケチャケチャだったけど、面白かった。最後のファイアーダンスもよかった。最前列で見てたら熱かったかもしれない。そう思って4列目に座ったんだけど。

サンチャのフロントメンはMJK。-kecha01

サンチャのフロントメンはMJK。-kecha02

サンチャのフロントメンはMJK。-kecha03

2009年1月13日 (火)

全国高校サッカー選手権大会at国立競技場

 雪が降りそうな寒空の下、今年も高校サッカーの決勝戦を見に行ってきた。一緒に行った友人が鹿児島県出身ということで、鹿児島側の応援席。応援ソングは、いきものがたり。最近よく耳にするけど、がんばっているんだなぁ。若々しく見えるけど、実は10年くらいも活動しているバンドなんだね。
 それはそうと、本当に寒い。途中、あられや雪も降ってきた。選手たちにとっては、寒さは気にならないんだろうけど、足元が滑ったりするだろうな。じっさい、滑ってる選手も多数。
 広島代表の皆見高校のほうが、やや巧かった。シュートもキレイで、美しい。セオリー通りに点を決める。対する鹿児島代表の城西高校は、がむしゃらに戦っていて、気付くと点を取っていたりする。だから、どちらが強いのかは、いちがいにはわからない。でも、1点多く取った皆見が勝った。いい試合だった。

サンチャのフロントメンはMJK。-sakka

2009年1月11日 (日)

江ノ島神社弁才天としらす丼

 新年といえば初詣。初詣と言えば弁才天ということで、今年もさっそく江ノ島の芸能の神様にお参りに行った。だいたいいつも正月から1週間過ぎたこの時期に来るのだけど、今日は午前中は空いていた。逗子から鎌倉を通る134号ルートも意外にスムーズだったし、江ノ島に渡る橋もまるで混んでいなかった。天気もよかった。午後になって、さすがに混み始めたけど、それでも例年に較べれば、少ない気がする。
 じつは、何度も江ノ島に来ていて、初めて「しらす丼」を食べた。例年、というか江ノ島に来るたびに「きむら」という店で食事をしていたのだけど、その店には「しらす丼」はない。「生しらす」があるのみ。だから、「しらす丼」の存在は知っていたものの、食べるタイミングがなかったわけで、今回はなぜか別の店に行くことになったから、食べるチャンスを得たわけで。
 ご飯の上に盛ったしらすの上に生姜がちょこんとのっている。正直、生姜は好きではない。キライではないけど、好きではないから、当然別の皿に移す。すると同じものを食べているO先輩が横で言う。
「このしらす丼は、生姜がポイントだよね」。
 共感できなくて申し訳なく思い、生姜をほんの少しだけつまんで一緒に食べてみた。たしかに言うようにキレはよくなった。その点は共感しよう。しかし、やはり生姜はないほうが、はるかに美味しい。でもO先輩には、そうですよね~と、そっと答えるにとどめておいた。

サンチャのフロントメンはMJK。-enoshima01

サンチャのフロントメンはMJK。-enoshima02

サンチャのフロントメンはMJK。-enoshima03

2009年1月 8日 (木)

赤まるの鍋

 家の近所の韓国料理屋的な焼肉屋に行ってみた。韓国系なわりには、好物の豚ホルモンがないところが、ちょっと不満だったりするけど、この店オリジナルのちょっと辛いもつ鍋は、けっこう好きだったりする。キャベツとニラも美味しいし、スープもいい味してる。ひとしきり焼肉を七輪で焼いたあたりでオーダーするパターン。お願いしないと、いつまでたっても七輪を下げてくれないから、気付くと何も焼いていない七輪とカセットコンロに載った鍋が並んでるのは、いかがなものかと思うけど、まぁ、頼めば下げてくれるからいいか。〆にラーメンを入れて、また満腹だよ。

サンチャのフロントメンはMJK。-akamaru

2009年1月 7日 (水)

八千代座を視察する

 山鹿にある、明治43年に建築された江戸時代の伝統的な芝居小屋を見てきた。国指定重要文化財でもあり、最近では坂東玉三郎氏も毎年公演しているけれど、ときとしては映画の上映や、はたまたバレエの公演などもしているそうな。平成8年より平成の大修復・復原が始まり平成13年完了したという、そんな八千代座を隅々まで見学させてもらった。まぁすばらしいこと。こんなところで、ぜひ興行をしてみたいものだ。

 八千代座のそばの洋食屋で食べたステーキも美味しかった。今度は、山鹿温泉(さくら湯)にも入ってみたいな。

サンチャのフロントメンはMJK。-yachiyo01

サンチャのフロントメンはMJK。-yachiyo02

サンチャのフロントメンはMJK。-yachiyo03

サンチャのフロントメンはMJK。-yachiyo04

サンチャのフロントメンはMJK。-yachiyo05

2009年1月 5日 (月)

ダウニー祭り

 何時の頃からだろう?昔は、洗濯するときに柔軟材いれるなんて、思いも寄らなかったのに、気づけば我が家はダウニーの匂いで溢れている。いや、正確には我が家をダウニーの匂いで充満させようとしているにもかかわらず、思ったほどには充満してくれず、いったいどうしたら、もっとダウニーの匂いで満ち溢れるか思慮しているくらいである。ちなみに、お気に入りは「ダウニ-リキッドエイプリルフレッシュ」。ほかの香りも試したけど、やっぱりエイプリルがいちばんいいね。
 ところで、さっきシャワーしていて、ふと思ったのだけど、ダウニー製のシャンプー&リンスを使ったら、よりダウニーの匂いに包まれるんじゃないかと。ダウニー石鹸とか、ダウニー歯磨き粉とか。もちろん、そんなものがあればの話だけどね。あ、ダウニー入浴剤もヒットだよね。

サンチャのフロントメンはMJK。-dauni

熊本にやってきたし。

体調がいまひとつすぐれないまま、それでもいまさら予定は変更できないので、軋む身体に鞭打って、空いてる電車を乗り継ぎ、羽田空港へ行ったら、意外に出発ロビーも混んでいた。みんな、これからどこへ旅立つのだろう?それとも正月を東京で過ごしていたのかな?まぁ、そんなことはどうでもいい。とにかく、移動しながら安静にしている状態で、なんとか出発ゲートまでたどり着いた。いざ、熊本へ。さだまさし著の「解夏」を読みつつ涙しつつ、気づけば2時間弱で熊本空港。熊本は九州だというのに全然暖かくない。とりあえず、そのまま市内の下通り商店街へ行き、人気の店でもんじゃ焼きとビール。豚もんじゃとチーズもんじゃ。それから街をブラブラしつつ、今度は寿司を食べに行く。サーモン、えんがわなどを幾つか。明らかに食べ過ぎたようだ。気をつけよう。

風邪ひいた。

新年への意気込みが足りなかったのか、それとも年末年始の暴飲暴食(今回はそれほどでもなかった)がいけなかったのか、珍しく風邪をひいたらしい。医者に見てもらったわけではないので、はたして風邪なのかインフルエンザなのか不明な感は否めないが、とりあえず、静養するにこしたことはないだろう。予定が立て込んでなくてよかった。風邪といえば、にんにくラーメンということで、わざわざ古川橋のホープ軒まで行ったのに、なぜか準備中の看板。途方に暮れながら帰路につく途中、にんにくラーメン花月を発見、藁をもすがる気持ちで飛び込む。にんにくを3片摩り下ろしてラーメンに投入、とてくもなく臭いハズだ。それから、サミットでビールを買い帰宅。テレビを見ながらビールを飲む。ついでに薬も飲んで、昼寝。夕方、起きて食事して、やっぱりビール飲んで、また寝る。なんと正月らしい生活だろう。これで風邪さえひいていなければ・・・

2009年の幕開け

年々、さしたる実感もないまま、年が明けていく。今年の年明けは、お台場の夜景だった。汽笛が新年を告げていた。2時くらいにおいとまし、深夜の電車を乗り継いで帰る。都会の元旦も、やっぱり寒い。だから帰って、即寝る。2009年はどんな年になるのかな?願望はいろいろあれど、先のことはわからない。みんな、そうだろう。いいことも、悪いことも、いつやってくるかわからないのだから、せめて、気楽に生きようよ。

2009年1月 1日 (木)

おふくろさん

天王洲で年越し。去年までは恵比寿でやってたんだけど、アンセムも、そしてフロントメンもいまや恵比寿からいなくなってしまったので、今年は天王洲でやることに。お台場の夜景を見ながら、毎年いつものメンバーで紅白歌合戦を見る。今回の紅白は、合戦的ではなくなった気がする。相変わらず奇天烈な衣装(セット?)を纏った小林幸子さんはもっとイリュージョン的にしたり照明にも工夫すればいいのにと思ったり、羞恥心のステージでは、フジテレビのTシャツを着た中村アナがガリガリと自己アピールしていた。森進一さんは悲壮感たっぷりで「おふくろさん」を歌い、トリの氷川きよしくんは、感極まって泣いていた。そして、なぜか白組の圧勝だった。国民的歌番組としては、なかなかの出来栄えだと思う。でも、NHKだし、いまさら別に高視聴率を狙う必要もないと思うから、いっそ「篤姫」と「サラリーマンNEO」を軸にして全体を構成するくらいのバカバカしさがあってもよかったかも。仲間由紀恵さんにフェロモンを振りまきつつ相手にされない沢村一樹氏は秀逸だったな。

サンチャのフロントメンはMJK。-kohaku01

サンチャのフロントメンはMJK。-kohaku02

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »