フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

  • adsense

« もうすぐ1月が終わりそう | トップページ | ロケハンもようやく終わり »

2009年1月29日 (木)

ゆかりの場所

 「堂本剛の正直しんどい」に漫画家の浦沢直樹先生が出ていて、彼のゆかりの場所を訪ねる企画をやっていた。「ウチくる?」みたいな、よくある企画だけど。それを見ながら、はて?自分のゆかりの場所って何処だろうって考えてみた。
 まずは、松本駅前の翁堂という喫茶店かな。高校時代、よくそこでナポリタンを食べた。高校生にも満足できるボリュームで、かつケチャップ三昧な感じが好きだった。昔からザ・ナポリタンが好きだったんだなぁ。もちろんデートにも利用した。相手も満足していたかは不明だけど。
 次は、飯田橋の白百合という喫茶店だろう。大学生時代、サークルの帰りに毎週通っていた気がする。当時はカフェなんて洒落た店はなかったから、みんな普通に純喫茶に行っていた。当時、友達には中野のクラシック喫茶なんて店を教えてもらったりしたっけ。たしかに、いい店だった。白百合は、今で言うとルノアールみたいな喫茶店だったかもしれない。広いから、大人数で行くには適していたんだろうな。
 あとは、神宮前のたぬきという居酒屋さん。SMAに勤めていたころに、3日に一回は通っていた。おじいさんとおばあさんが切り盛りしている古い店で、人手が足りないから、自分たちで勝手にビールを出して飲んでいた。鶏のから揚げが美味しかったな。たまに昼時にも行ったりして、そのときは秋刀魚定食とか食べたり。また行きたいな。というか、いますぐに思い出す自分的なゆかりの場所って、そんな感じです。今度、ちゃんと思い出してみよう。

« もうすぐ1月が終わりそう | トップページ | ロケハンもようやく終わり »

旅行・地域」カテゴリの記事