フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

  • adsense

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月27日 (水)

葛飾柴又で鰻を食べる

 上京している両親の希望で、葛飾柴又なる地へ行ってみた。じつは、初めて。あんなに交通の便が悪い所だとは思っていなかったから、首都高速を四つ木で降りて、次第に狭くなっていく市街地をひたすら走りながら、ちょっと不安になったりして。でもカーナビに任せてるだけだけど。
 平日だというのに、けっこうな賑わいぶりは、巣鴨のとげ抜き地蔵を彷彿とさせる。帝釈天から、参道を通っていくと、柴又の駅があり、その前には寅さんの銅像も建っていた。駅前にレトロな駄菓子屋みたいな店があり、そこで昔のカレーのルウとかを買ってみた。もちろん定番の草もちもくるまやで買った。
 ちょうど昼時だったので、参道のなかでいちばん豪勢っぽい「川千家」という魚料理の店で、鰻を食べる。なぜか、柴又といえば鰻らしい。
 柴又といえば寅さんなわけだから、当然、「寅さん記念館」にも行ってみる。入館料500円だったけど、意外に面白かった。「男はつらいよ」は、じつはほとんど見ていないのだけど、それでも懐かしくて、ためになる工夫が凝らされていた。「くるまや」や帝釈天参道の撮影セットなどもあり、とても面白かったから、いつかもう一度行ってみてもいいかも。

サンチャのフロントメンはMJK。-shibamata01

サンチャのフロントメンはMJK。-shibamata02

サンチャのフロントメンはMJK。-shibamata03

サンチャのフロントメンはMJK。-shibamata05

サンチャのフロントメンはMJK。-shibamata06

2009年5月25日 (月)

盛岡城近くで食べた蕎麦

 ロケも終わって2日目、盛岡に行ったときに蕎麦を食べようと思い立ち、蕎麦屋がありそうな場所を探したら、盛岡城の近くにいい感じの店があったから、入ってみた。店内にはなぜか泡盛のボトルが立ち並び、貼ってあるメニューを見ると、やたら沖縄料理が多い。ちょっとうれしくなって、何を食べようかと思案していたら、店長に「昼は蕎麦だけ」といわれた。
 あとで地元の人と話したら、なぜ蕎麦をわざわざあの店でたべるのか、たいそう不思議がられた。

サンチャのフロントメンはMJK。-soba01

仙台で牛タン

 岩手で乗っていたヴォクシーを、仙台に返してから新幹線で東京に戻ることになり、せっかくだから昼時に仙台に着いて、牛タンを食べることにした。どの店がいいのか、まったくリサーチしていなかったし、重い荷物もってウロウロするのはイヤだったので、仙台の駅ビルみたいな中に入っている、粋な感じの居酒屋で、ランチではなく単品であれこれ注文してみた。いちおう仙台らしいメニューを選んだつもりだけど、いやはやどれも美味しかったな。仙台に来た甲斐があったというものだ。

サンチャのフロントメンはMJK。-sendai01

サンチャのフロントメンはMJK。-sendai02

サンチャのフロントメンはMJK。-sendai03

渋谷 かつ吉

 両親と弟と、渋谷で待ち合わせすることになり、そのまま昼食を摂ることになったので、大好きなとんかつの店「かつ吉」に行った。混んでいたらどうしようかと思ったけど、土曜のせいか、比較的空いていてよかった。
 ランチタイムに行くのははじめてだったけど、食べ放題のサラダはやはり付いていた。たぶん、ご飯や味噌汁もお代わり自由なんだろうけど、サラダととんかつでお腹いっぱい。美味しかったな。

サンチャのフロントメンはMJK。-katukichi01

サンチャのフロントメンはMJK。-katukichi02

手打ちそば処 湧水

 両親と一緒に弟のマンションを訪ねたついでに、近所で深大寺そばを食べようということになった。もっとも、いつも弟を訪ねるたびに、深大寺そばを食べているわけで、それはもはやセットになっているのだけど。
 今回行ったのは、「湧水」というお店。前の駐車場がいっぱいだったから、店も満席かと思いきや、店の裏手にも駐車場があって、店にもなんとかすぐに入れた。しかし、オーダーしてからが長かった。20分くらいは待ったかな。まわりの客もみんな待っているから、そういう店なんだろう。味のほうは、まずまずな感じ。というのも、蕎麦というと、どうしても大好きな信州蕎麦と比較してしまうから。もちろん、深大寺そばも充分に美味しい部類だとは思うけど。
 蕎麦といえば、岩手の蕎麦はあまり口に合わなかった。まさに信州蕎麦の真逆な感じ。とはいえ、それが岩手の蕎麦のスタイルだと思うから、これはもう食べる側の問題なんだろうけど。

サンチャのフロントメンはMJK。-jindaiji01

市の宴

 麹町の和食屋「市」にて、大人の宴が催された。オーナーや店長の粋な計らいで、それは素敵な宴だった。店長が1週間前から練り上げたメニューはどれもこれもが絶品で、次から次に出てくる料理を食べては、みなが大絶賛。本当に美味しかった。定休日だというのに、わざわざ店を開けてくださって、ありがとうございました。

サンチャのフロントメンはMJK。-ichi04

サンチャのフロントメンはMJK。-ichi05

サンチャのフロントメンはMJK。-ichi06

サンチャのフロントメンはMJK。-ichi07

サンチャのフロントメンはMJK。-ichi08

2009年5月19日 (火)

はらぺこの温麺

 いつもそば冷麺ばかり食べているから、たまには普通の暖かいそばを食べようとメニューを見ていたら、キムチ温麺なるものを発見。結局普通のそばではなく、そば冷麺の暖かい版を食べてしまった。
 まぁまぁ美味しかった。

サンチャのフロントメンはMJK。-harapeko

志和稲荷温泉

 けっこう温泉好きなMJKとしては、あらゆるチャンスを捕まえて温泉に入ろうと企んでいる。この間も片道1時間半かけて秋田の乳頭温泉に行ってきたし、盛岡の開運の湯もよかった。
 どこかで紫波にも温泉があるらしいという情報を耳にし、カーナビで検索してみると、志和稲荷温泉というところがあったから、さっそく入ってみようと車を走らせた。しかし、たどり着いたそこにあったのは、時すでに遅し、廃墟と化した建物であった・・・

サンチャのフロントメンはMJK。-shiwaonsen

朝までかかって終了

 約3週間に及んだロケも、盛岡市内のアパートで午前3時にクランクアップを迎えた。もともと分量がある撮影だったのに、当日になってさらに差込があり、最後のシーンを撮り始めたのが午前零時。3時までかかるのは当然といえば当然の成り行きだけど、連日連夜、早朝から深夜までのロケだったから、けっこうきつかったのも正直なところ。
 さらに、今日は東京に戻るスタッフや機材のバラシが朝6時からあったから、ちょっと度を越してたかも。10時に岩手を出発して、夕方東京に着いたら、そのまま衣裳や特機のバラシ。三軒茶屋に戻ったのは20時近くだった。
 そして、明日にはまた岩手に車で戻らなきゃならない。。。

2009年5月10日 (日)

あと10日

 3月から準備に入った映画の撮影が、あと10日間ほどで終わる予定。なんだか、すっかり岩手の人間のようになってしまったような気がする。東京に戻ったら、どんな生活なのかななんて思ったりもする。
 まだまだ波乱含みのロケだったりするから、気は抜けないけど、そろそろ東京に戻る準備もしなければ。

2009年5月 5日 (火)

愛車がジムニーになった

 岩手に来て、最初はステップワゴン。それからクラウンになり、ボクシーになり、そして突然にジムニーになった。ボクシーからジムニーは落差があるな。ボクシーは5ナンバーのワゴンだけど、新しいだけあって乗り心地もかなり快適。いかにもクルージングって感じだけど、ジムニー(昔の)は、その真逆。車体に対してタイヤが大きいからなのか?路面のあらゆる振動をダイレクトに拾うものだから、乗り心地が悪いったらありゃしない。まったく心落ち着かない。オフロード車ってそんなものなのかな?これまで乗ったことないからわからないけど。。。

サンチャのフロントメンはMJK。-jimuni

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »