フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

  • adsense

« 麻辣刀削麺 | トップページ | 麻辣麺 »

2011年4月18日 (月)

エンタテインメントの底上げ

とくに韓流が好きなわけではないのだけれど、

よく「韓流好きですか?」

と訊かれる。

そういわれれば、

たしかに韓国のドラマを見たり、

韓国の音楽を聴いたりしていることが多い。

もちろん、

日本のドラマも見るし、

日本の音楽も聴いているのだけど、

なんとなく比重が韓国に偏りがちになっていることも否めない。


しかし、

それはきっと質の問題だと思う。

韓国のものでも、

面白いと思わなければ見ないし聴かない。

日本のものでも同じこと。

でも韓国のものは選りすぐりの作品が日本に届いているわけだし、

逆に日本のものは何でもかんでも目にするし耳にする。

そうなると、

印象的には韓国のもののほうが優れているような錯覚を覚えてしまうのは仕方のないこと。


しかも、

韓国のエンタはかなり巧妙にリンクが貼られている。

ドラマで見かけたカッコいい男が、

じつはアイドルグループのメンバーだったり、

人気歌手がドラマに出てヒットしたり。

さらに当然ながら企画が秀逸な作品も多いから話題にもなる。

そんなメンツがやがて映画に出て歓心を得たり。


そういえば昔の日本もそうだった。

そうやって、

音楽とドラマと映画と出版と、

みな同時に底上げしたものだ。


この際、

日本でもまたそうなってもいいのではないか?

昔は日本国内だけでのブームだったけど、

今はアジアやアメリカとかヨーロッパなども見据えた戦略で。

« 麻辣刀削麺 | トップページ | 麻辣麺 »

映画・テレビ」カテゴリの記事